matthew-henry-2Ts5HnA67k8-unsplash.jpg
_i_icon_15828_icon_158282_128.png

皮膚科
​Dermatology

皮膚科診療について
STEP-1
問診・視診
20201113-118.jpg
事前にご記入いただく​問診票をもとに視診・触診を進め、原因を考え、検査を提案いたします。
必要な検査を過不足なく行い、原因を探していきます。
20201113-85.jpg
※治療経過を評価するために写真を撮らせていただく場合があります
STEP-2
検査
STEP-3
インフォームドコンセント
20201113-69.jpg
検査の結果を全て説明し、考えられる原因をお伝えし、その子にあった治療法を提案いたします。
当院皮膚科の3つの特徴
丁寧な問診

​インフォームドコンセント
薬だけに頼らない
​皮膚治療
治療後の
アフターケア
丁寧な問診、インフォームドコンセント
まずはじっくりと時間をかけて問診を行います。犬(猫)種や年齢のほかに、食べているご飯の種類などを伺い皮膚疾患の原因を考えていきます。 問診や視診のあとは、必要な検査を行い皮膚疾患の特定と必要な治療法についてお話ししていきます。
20201113-137 (2).jpg
20201113-126.jpg
薬だけに頼らない皮膚治療
当院の皮膚科では、スキンケアの重要性をお話ししております。それは、主にシャンプーと保湿の方法についてです。 症状が出ているいわゆる急性期の状態では、たしかに投薬が必要になる事が多いですが、薬に頼らない治療法が提案できる場合があります。
治療後に対するアフターケア
皮膚疾患の原因は様々で、例えばアレルギー疾患では長期間のケアが必要になるケースがあります。再発を起こしにくくするために、どのようなことに注意して生活をしていくべきか、今後どのようなことが考えられるか、その子に合わせたテーターメイドのサポートを提案いたします。
20201113-72.jpg
実際の治療
5歳 フレンチブルドッグ 
主訴 数ヶ月前からお腹に湿疹や赤みがある
経過 セカンドオピニオン
13歳 ミニチュアダックスフント杉山りん
主訴 5年前から続く皮膚炎
経過 抗菌薬や痒み止めを処方されるも改善がないためセカンドオピニオンとして来院。
当院での治療、改善点
​正しいシャンプーの
4週間後
13歳 小泉ナナ CAD
主訴 
経過 
金澤ショコラ チワワ ステロイド皮膚症
石川ミルク マルチーズ 
小泉こてつ 柴 CAD、アレルギー
高木ひなた 猫 食物アレルギー?
杉浦マシュ 猫 天疱瘡
鈴木スノー チワワ CAD
ボーダーコリー CAD
佐野イリン イタグレ 淡色被毛
​清まめぞう シーズー ニキビダニ
露木マメスケ 柴 CAD
栗田パル チワワ
川口バニラ ダックス
マリア 柴 CAD
中野モコ フレブル 芹沢チェリー 甲斐 
CAD
4週間後
 2年前からのかゆみと脱毛を主訴に来院。食欲も低下。問診を行なったあと被毛検査、皮膚搔爬検査、グラム染色などを行い犬アトピー性皮膚炎(細菌の二次感染含む)と診断。
 シャンプー療法を中心とした外用薬や内服薬を用いた治療にて改善しました。色素沈着(黒い部分)はかゆみがなくなれば時間の経過と共に落ち着くことが多いです。
​ また、かゆみのストレスから解放されたことで食欲が回復し、体重増加を認めました。